酵素とアミノ酸好きな健康オタクのアラサーOLが紡ぐ健オタ日記

サプリメントについて思う事

 

 

サプリメントについては私たちの治癒力や免疫力をパワーアップさせるといった、予防効果を意図するためのもので、カテゴリーとしては医薬品とは言えず、野菜などと同じ食品なんです。

 

健康食品と呼ばれるものは原則的に「食品」であって、健康促進に貢献するからといって医薬品みたいな効能を標榜すると、薬事法に引っかかることになり、業務停止や状況次第では逮捕へと追い込まれます…なんだか怖いですね…

 

パスタもしくはパンなどはアミノ酸がそれほど含有されておらず、普段お米と同時に食べないので乳製品又は肉類を同時に摂り込むようにすれば、栄養も補足できます。これは疲労回復にも有効だと思います。

 

それと生活習慣病を防ぎたいなら、不摂生な日常生活を良くするのが何よりだと言えますが、長期に亘る習慣を変えるというのはハードルが高いと感じる人もいると考えられます。

 

「クエン酸と聞けば疲労回復」と発してしまうほどに、クエン酸の作用として一番理解されているのが「疲労を低減させていち早く元気にしてくれること」です。では、なぜ疲労回復に効果を発揮するのでしょうか?

 

生活習慣病と健康食品

 

 

生活習慣病と言うのは65歳以上の方の要介護の誘因だと言う医者もいます。康診断を受けて「血糖値が高い」というような結果が見られる人は、直ちに生活習慣の手直しに取り組まなければなりません。

 

20種類を超えるアミノ酸がローヤルゼリーには含まれています。アミノ酸と聞くとダイエット効果を想像するかと思いますが、これは生命維持活動になくてはならない成分になります。

 

あとは遠い昔から美容と健康を理由に、多くの国で愛飲され続けてきた健康食品がローヤルゼリーです。その作用は多岐に及び、若者からお年寄りに至るまで愛用され続けているのです。

 

プロのアスリートがケガし難い体作りをするためには、栄養学を会得し栄養バランスをきちんととることが大前提となります。それを現実化するにも、食事の摂食方法を極めることが欠かせません。

 

待ちわびていた機能性表示食品制度が開始されたのがきっかけで、保健機能食品市場が活性化し始めたようです。健康食品は難なく入手できますが、服用法を間違えると身体に害が及んでしまいます。

 

質の良い食事は確かに疲労回復に必須ですが、その中でも特に疲労回復に力を発揮する食材があると言われてきました。それというのが、柑橘類です。

 

血流と腸の正常化、そして代謝をあげること

 



血流をスムーズにする効能は血圧をダウンさせる働きとも切っても切れない関係にあるのですが、黒酢の効果や効能ではもっとも顕著なものだと言っていいでしょう。

 

腸に関して言えば、常に便秘状態だと辛いですよね…私は仕事なども集中なんかとても無理ですし、そもそもお腹がパンパン状態…。だけど、まだそのような便秘を避ける為の具体的な方法が見つけられていません…(泣)

 

また、プロポリスの効果として、特に周知されているのが抗菌作用だと思います。昔から、けがをした際の治療薬として駆使されてきたという歴史もあり、炎症が酷くならないようにする力を持っているそうです。

 

私たちが年を経るにつれて脂肪がつきやすくなるのは、身体内の酵素が減少して基礎代謝が落ち込んでしまうからなんですよね…。

 

この体内酵素の減少に負けないように、基礎代謝を押し上げる事をコンセプトにしている酵素ドリンクを見つけられると症状を解消できるかもしれません。

 

昨今では若い女性をターゲットに、ダイエット目的で作られた酵素ドリンクも多く、こういった中には本来の作用よりも美容などに特化してしまっているものもあるので注意が必要です。

 

出典:酵素de身体キレイ | 【酵素ドリンクおすすめ人気ランキング】